内臓下垂、下腹、姿勢、パーソナルトレーナー、脂肪、冷え、便秘、生理痛、太りやすい

福岡市で唯一! お腹引き締め専門 出張パーソナルトレー二ング

たるんだ下腹、お腹周りをキュッと引き締まったくびれに!!周りの友達が憧れるウエストを手に入れたいあなたへ!

気になるお腹周りの原因は脂肪のせいじゃないかも 51

こんにちは、福岡市百道浜、西新周辺で活動している

お腹やせ、くびれ作り専門出張パーソナルトレーナーの西拓弥(にしたくや)です。

 

pixta_8544583_s

 

 

頑張って腹筋するのに

なかなか引き締まらない下腹部周り

 

原因は脂肪がついているせいじゃなく

内臓が下に下がっているからかもしれません...

 

内臓が下に下がってくると

 

何も食べていないのに常に下腹部が出ている

 

身体が冷えやすい、疲れやすい

 

胃もたれがおきやすい

 

便秘になりやすい

 

生理痛が悪化する

 

太りやすくなる

 

などが起こりやすくなります!

 

 

原因は様々ですが主に

 

①腹筋群の弱い

 

②骨盤底筋群が弱い

 

③姿勢不良(猫背姿勢)

 

などでおこると言われています。

 

 

では、この内臓が下に下がらないようにする改善方法としては

 

 

①の場合

ドローインがオススメです!

鼻から息を吸い、お腹を膨らませ

口から息を吐きます。この時お腹を凹ませます。

 

※息をしっかりと吐ききります。吐ききると自然と酸素が入ってくるので

これを繰り返します。

 

 

②の場合

ヒップリフトがオススメです!

仰向けで寝ていただき、両膝を立てます!

足幅は肩幅程度に開き、膝90°曲げた状態で準備!

 

息を吸い、吐きながらお尻を浮かせ

頭から膝まで一直線の状態を作ります。

お尻に力を入れ、そのままの状態で30秒間キープします。

 

 

③の場合

姿勢のリセットがオススメです!

椅子に座ります。

坐骨というお尻のところにある骨が椅子に当たる状態を作ります。

次に、背中が丸くならないように背筋を伸ばします。

頭の上に一本の糸があり、その糸に身体が真上に引っ張られているイメージ!

 

顔を上に向けます。

顎が天井を向くぐらい上を向き、人差し指を顎に置き

人差し指で顎を押してあげながら、顎を引き

顔を正面に向けます。

 

最後に、肩を後ろ側に回します。

肩が耳の真下の位置にきたら動きを止めます。

 

これが身体にとって正しい姿勢です。

 

 

特に内臓が下に落ちている方の特徴としては

四肢は痩せているのに、下腹部だけ気になるという方は

内臓が下に下がっている可能性があります。

 

ぜひ参考にして行ってみてください!!

 

それではまた...

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール
西拓弥プロフィール女性のお腹引き締め専門出張パーソナルトレーナー 西拓弥
詳しいプロフィール

メニュー
アーカイブ
カテゴリー