筋肉痛、トレーニング、有酸素運動、ストレッチ、休養、食事、運動、福岡市、パーソナルトレーナー

福岡市で唯一! お腹引き締め専門 出張パーソナルトレー二ング

たるんだ下腹、お腹周りをキュッと引き締まったくびれに!!周りの友達が憧れるウエストを手に入れたいあなたへ!

筋肉痛の時にトレーニングしてもいいの? 88

こんにちは

福岡市百道浜、西新周辺で活動している

お腹痩せ、くびれ作り専門出張

パーソナルトレーナーの

西 拓弥(にし たくや)です。

 

 

 

「筋肉痛があるときも

 トレーニングしたほうがいいの?」

 とお客様から質問がありました。

 

 

今回はこの質問にお答えさせていただきます。

 

 

これは西の回答ですが

 

「筋肉痛があるときはトレーニングは

   お休みしたほうがいい」

 

というのが西の回答です。

 

 

トレーニングを行った後や普段の生活で身体を動かすと

どなたでも筋肉痛のなることがあると思います。

 

筋肉痛があるときというのは

筋肉にしっかりと刺激が加わり

筋肉がボロボロの状態で

これから回復して前より強くなろうとしている状態です。

 

なので、そのタイミングで休んであげると

身体が回復して筋肉が以前より強くなるのですが

休まないと筋肉は余計に疲れてしまい

怪我をしやすくなったり、

筋肉が減り、脂肪が増える原因になる場合もあります。

 

無理してトレーニングを行うよりメリハリをつけて

トレーニングの日、お休みの日と分けたほうが

効率よく身体を変化させることができるのでオススメです。

 

 

でも早く効果を出したいから

毎日トレーニングしたいと言われる方も

中にはいらっしゃいます。

 

 

そのような方にもオススメな方法があります。

 

 

それは、

「トレーニングの部位を分割する方法」

「トレーニングの種類を変える方法」があります。

 

 

「トレーニングの部位を分割する方法」

上半身のトレーニングを今日されたという方は

明日同じ上半身のトレーニングを行うのではなく、

下半身のトレーニングを行います。

 

上半身はトレーニングしているので

連続してトレーニングを行ってしまうと

筋肉を回復する時間がなくなってしまい、効率が悪くなります。

 

ですが、ここで下半身のトレーニングを行うと

上半身の筋肉を回復させ且つ、

下半身のトレーニングができるので

代謝も高い状態でキープすることができます。

 

 

注意点としては毎日トレーニングとなると

疲労が溜まってしまうので

1週間の中で1〜2日は完全OFF日を作ることをオススメしています。

 

例:上半身・下半身トレーニングサイクル

月曜日→上半身
火曜日→下半身
水曜日→OFF
木曜日→上半身
金曜日→下半身
土曜日→OFF
日曜日→OFF

 

 

 

そしてもう一つは

「トレーニングの種類を変える方法」ですが、

 

月曜日→筋力トレーニンング

火曜日→有酸素運動(ウォーキング、水泳、エアロビクス)

水曜日→ストレッチ

木曜日→筋力トレーニング

金曜日→有酸素運動

土曜日→ストレッチ

日曜日→OFF

 

 

というふうに

筋力トレーニング→有酸素運動→ストレッチ

とサイクルを回します。

 

筋力トレーニングを行った後

2〜3日ほど筋肉を回復させることができるので

効率的に身体を変えることができます。

 

もう少しレベルを高めたければ

筋力トレーニングの日をもう1日増やしてあげても良いです。

 

 

トレーニングにどれが絶程正解はありません。

 

人の身体の状態は一人一人違います。

運動が初めての方から現役でスポーツしているという方様々です。

 

あなたの身体、目的にあった運動、休養、食事を

しっかりと行っていくことで

身体は効率的に変わっていきます。

 

ぜひ、ご自身の身体にあった

運動方法、休養方法、食事方法を見つけてみてください。

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

それではまた...

 

 

福岡市百道浜、西新周辺で活動している

お腹痩せ、くびれ作り専門出張

パーソナルトレーナー

西 拓弥(にし たくや)

 

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール
西拓弥プロフィール女性のお腹引き締め専門出張パーソナルトレーナー 西拓弥
詳しいプロフィール

メニュー
アーカイブ
カテゴリー