くびれ、インナーマッスル、福岡百道浜、西新

福岡市で唯一! お腹引き締め専門 出張パーソナルトレー二ング

たるんだ下腹、お腹周りをキュッと引き締まったくびれに!!周りの友達が憧れるウエストを手に入れたいあなたへ!

メリハリくびれの作り方 

こんにちは、ワードプレスでは初の投稿になります!
福岡、百道浜周辺で活動している
美脚、くびれ作り専門トレーナーの西拓弥(にしたくや)です。

 

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

 

くびれありますか?
バストから腰にかけてのキュッと引き締まったくびれ
バストから腰にかけてののぺっとしたくびれのないお腹
皆さんはどちらが良いですか??

 

女性で内股になりやすい方は
お尻の内側にある小さい筋肉が弱くなりやすい傾向にあります。

 

ここが弱くなってくると
お腹周りの筋肉も弱くなり、内臓が下に落ち、
ぽっこりお腹になりやすくなってしまいます。

 

 

また、このお尻の内側にある小さい筋肉は
呼吸するときに使われる横隔膜とつながっています。
呼吸が浅いと感じる人は横隔膜を上手く使えていない可能性があるので
連動してお尻の内側の筋肉も使えていない可能性があります。

 

 

くびれを作るには
表面のアウターマッスルを鍛えるだけでなく
身体の内側にあるインナーマッスルを鍛えることも必要になります。

 

 

横隔膜のトレーニング
1.両手をあばら骨に置きます。(横からわき腹を両方の手で押さえ込むように)
2.鼻から息を吸い、肋骨が大きく膨らむように酸素を身体の中に入れ、肋骨を開きます。(約3秒間)
3.口から息を吐き、肋骨に両手で軽く圧を加え肋骨を締めていきます。(約7秒間)
4.この呼吸を10回程度繰り返します。

 

 

お尻の小さい筋肉のトレーニング
1.仰向けで寝ます。
2.両膝を立て、足幅は肩幅程度に開き、両手も身体の横に置きます。
3.両足の足裏で地面を押し、お尻を浮かせ、頭から膝まで一直線になるところまで浮かせます。
4.一直線になるところまで浮かせたら、お尻をキュッと閉めるように力を入れます。

(2〜3秒止める)
5.ゆっくりお尻を下ろしていき、床につくギリギリで止めて再度お尻を浮かせていきます。

これを繰り返します。(15〜20回繰り返す)

 

 

この二つのエクササイズのポイントは
できるだけゆっくりと行い、しっかりと使っている部分を意識しながら行うことが大切です。
使っている部分が、痛くなる(熱い感覚)があると使えている証拠です!!

 

 

 

最初は難しいかもしれないですが、
ぜひ行ってみて、ご自身の身体のくびれ作りの参考にしてみてください!!

それではまた明日...

 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール
西拓弥プロフィール女性のお腹引き締め専門出張パーソナルトレーナー 西拓弥
詳しいプロフィール

メニュー
アーカイブ
カテゴリー